Spread the love

そもそも、マイニングって何だろう?

暗号資産であるビットコインは、毎日世界中でたくさんの人や取引所の間で取引されています。
お金のやり取りですから、誰から誰にビットコインが送られたのか?ということを第三者が記録しておく必要があります。

 

国の発行する法定通貨(日本円やアメリカドルなど)の仕組みで言えば、この記録を行う第三者は『銀行』という機関になります。

 

しかし、ビットコインは第三者機関を挟まずに管理をする分散型管理によって成り立っているため、銀行のような中央で管理する機関が存在しません(「非中央集権」などと表現することもあります)。

 

そこで、ビットコインでは記録の作業をしてくれる人に手数料・報酬としてビットコインを受け取れる仕組みにしたのです。そうすれば、第三者機関が存在しなくても、この記録の作業が止まることはありません。

 

このビットコインの取引に関する記録をする人を「マイナー」と呼び、マイナーは取引承認作業をする事によって未発行の暗号資産を報酬として得る事ができます。そしてその作業を採掘の意味になぞらえて「マイニング」と呼びます。

 

従って暗号資産は、一定期間毎(ブロック)に全ての取引記録を取引台帳に追記する事で整合性を管理しています。

 

つまり、マイニングとは暗号資産の整合性を管理する一役を担うことであり、担い手であるマイナーはその承認作業の報酬として未発行の暗号資産を得る、ということになります。

 

暗号資産を中央集権型の第三者機関を介さずに、信頼できるものとして流通させていくためには、正確な記録を、不正のない状態でキチンと保存する必要があります。

 

この取引情報のブロック前後の整合性を取る承認作業が「マイニング」なのです。

新しくブロックを繋ぐためには、大変難しい計算を解かなければならないので、膨大な量の計算が必要になります。
そのため、この計算式を解くことを目的として、たくさんの人や企業が所有するコンピューターが計算に参加しています。

 

この作業を、鉱石の採掘になぞらえて「マイニング」と呼んでいるのです。

 

日本マイニング産業の現状